コメントは受け付けていません。

収入証明を提出することでお得になるキャッシングとは?

Posted by 管理人 on 10月 28, 2014 in ローン

キャッシングを申し込む時に収入証明などを提出しないほうがより早く借り入れができると、申し込み先を探しているのではないでしょうか。消費者金融のキャッシングでは原則として借り入れる金額が50万円を超える場合に収入証明書を提出しなければなりませんので、借入先によって提出の有無の違いはなさそうです。
しかし、キャッシングの中でも収入証明書を提出することでお得になるものもあるのです。大手消費者金融プロミスなら、収入証明書の提出によってポイントが加算されお得になるのです。
プロミスならではのポイントサービスのシステムにお金を借りる申し込みをしておくことで、ポイントを貯めていくことができます。貯まったポイントを提携ATMの手数料などに充当させることができるので、とてもお得になりますね。ポイントを貯める方法は、プロミスからのメールチェックなどもありますが、収入証明書の提出はポイントが大きいのでぜひ行うことをおすすめします。
また、プロミスは無利息期間があることで有名ですが、無利息を利用するためにはポイントサービスに申し込みをしなければなりません。ポイントサービスに申し込んだタイミングで無利息期間のスタート時期が変わります。契約前に必ず確認しておきましょう。
収入証明書の提出は、申し込みを急いでいる時にはとかく面倒と思ってしまうのですが、プロミスなら携帯からならアプリで簡単に素早く提出することもできます。あまり負担はかかりませんし、おまけにポイントも貯まりますので利用者にとってはお得なシステムではないでしょうか。

 
コメントは受け付けていません。

深夜にカードローンの取り立てが携帯や自宅にあるの?

Posted by 管理人 on 10月 24, 2014 in 融資

消費者金融からのカードローン比較、その返済が遅れたときに督促の電話があります。
まずは携帯電話に連絡が来ることが基本となっていますが、そこで連絡がつかなかった場合、自宅の固定電話、自宅へのはがき、そして勤務先と電話がかかってきます。
携帯電話で連絡がつかないという状況は、返済ができないために電話に出ないというだけではありません。
例えば契約時の電話番号とは変わっている場合もあります。
消費者金融では公式ホームページ上に会員サービスページを用意しており、ログインをすることでそこから契約情報を変更することができます。
携帯電話番号が変わっているときにはその変更手続きも行っておかなくてはなりません。
携帯電話に連絡がつかなかった時、消費者金融側はどう判断するでしょう。
単に変更手続きを忘れていただけ、そんな安易に受け取ってくれるでしょうか。
そんなことはないはずです。
踏み倒しの危険を考慮して一刻も早く連絡をつけなくてはならないと判断するでしょう。
申込書に記載した自宅の電話番号に連絡があり、その電話にも応じなければ同じく申込書に記入した自宅住所宛に督促のはがきが届きます。
さらにそれにも応じなかった時、勤務先への電話となるわけです。
ただしいずれの場合においても正当な理由がない状況で深夜に電話がかかってくることはありません。
これもまた金融庁のガイドラインで定められています。
朝9時から夜の20時、この時間以外は正当な理由がなければ電話も訪問も禁止されています。

タグ:

 
コメントは受け付けていません。

評判だけがキャッシングの比較ポイントではない

Posted by 管理人 on 10月 4, 2014 in 消費者金融

はじめてキャッシングを利用するときには事前情報として評判や口コミを確認するかもしれません。
しかしそれだけではわからない情報があることは覚えておきたいところです。
借り入れ先としてどの業者を使うのかを考えるときのポイントをみてみましょう。
短期返済ができる借り入れであり、近日中にお金が必要なのであれば消費者金融が向いています。
返済期間が長期にわたるのであれば利息に大きな影響を与える利息はより小さくなくてはなりませんので低金利の銀行があっているでしょう。
しかしそもそも収入が低く利息が小さかったとしても返済に困窮する可能性があるという場合には公的融資を考えると安心です。
借り入れ先選びは初期段階です。
しかしここを間違えなければまずは安心ができます。
消費者金融ばかりではなく銀行でも公的融資であっても安心できる利用の方法は異なります。
総量規制がある消費者金融、利用条件が細かく指定される銀行、そこには考えている以上に気にかけなくてはならない項目があるわけです。
さらには利用方法についても真剣に考えていきましょう。
少しでも返済を進めていくことがキャッシングのポイントになりますので金利や利息についても学んでおく必要があります。
これからキャッシングをしようと考えている方、そこには知っておきたい情報が多くあります。
無事に完済にたどり着けるようにどんなことに気をつけたらいいのか、どんなことを条件にしたらいいのか、慎重になりましょう。

タグ:

 
コメントは受け付けていません。

安心融資には収入証明は不可欠?

Posted by 管理人 on 9月 28, 2014 in 融資

お金を借りた後には、当然、返済を行う必要があります。
その返済となるものは、利用者の収入です。
その為、融資を受けると、収入証明を提出して、審査を受けることになります。
最近では、収入証明提出不要のキャッシングや所得証明書不要ローンも増えてきました。
その条件は、各社様々ですが、多くは少額の申込に限っています。
数十万円程度の申込で、他社の借入も少ない方に対しては、収入証明の提出を免除するケースがあります。
これに対して、多額の融資を収入証明提出が無しで受けることのできる先には注意が必要です。
世間には、「誰でもお貸しします」「無審査で融資します」といった消費者金融が存在しています。
しかし、このような会社は、いわゆる「闇金」である可能性が高いのです。
審査をろくに行わずに、高い金利で貸出を行います。
返済ができなくなると、その返済の為に、新たな貸出を強引に迫ります。
高い利息を債務者から吸収し続けて、利益を上げていきます。
このような先と関係を持つと、人生そのものを狂わしかねません。
中には、暴力団関係者と癒着を持つ会社も多く、危険極まりない存在なのです。
最近は、法律の整備や規制の強化で、このような悪徳業者も数を減らしてきています。
しかし、中には消費者の弱い心理につけこんで私腹を肥やしている会社も存在しているのです。
安心して融資を受けるには、収入証明書を提出して、きちんと審査を受けるようにしましょう。
世の中、甘い言葉に誘われると、ろくなことがありません。

タグ:

 
コメントは受け付けていません。

国からお金を借りるという選択

Posted by 管理人 on 9月 27, 2014 in 融資

低所得世帯なら国からお金を借りる選択もできます。
民間福祉の融資になりますので実際には国の融資ではありませんが、政府が認めた福祉事業となっておりその窓口は社会福祉協議会です。
そのため民間融資ではなく公的な融資として分類をされています。
公的な融資は超低金利ということでも知られていますが、この社会福祉行議会を通した融資である生活福祉資金貸付制度も金利は驚くほどに低くなっています。
条件もありますので確認しましょう。
・低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯のいずれかであること
・原則として連帯保証人をつけること
連帯保証人となれば抵抗があるかもしれません。
今や消費者金融でも保証人を必要とすることはなく、銀行でも保証人ではなく保証会社を利用することとなっています。
生活福祉資金貸付制度でも原則として必要となる連帯保証人ではありますが、必ずしもではありません。
連帯保証人がいれば無利息となりますが、いないときでも金利は1.5%となっていますので心配するようなことではなさそうです。
公的な融資は旅行費用などに使うようなものではなく生活を立て直すための資金として利用することになります。
しかし冠婚葬祭の費用や教育資金などそれぞれに限度額は変わってきますが資金使途は非常に広くなっています。
返済期間が最長10年となっていますので返済も無理をすることなくゆっくりと生活を考えながら行えることもうれしい魅力となっています。

タグ:

 
コメントは受け付けていません。

1ヶ月で完済できるキャッシングはどんな場合に向いている?

Posted by 管理人 on 9月 18, 2014 in キャッシング

キャッシングとはいっても数十万円単位のものばかりとは限りません。
もしそれが借り入れる金額がいくらであっても1か月で完済ができるキャッシングなら借り入れ先として適切なキャッシングはかなり限られます。
結論からいえばもう金利を比較する必要はありません。
消費者金融でも銀行でも1か月以内に返済ができるのであれば無利息となるサービスが用意されている業者があります。
ただしその中でもいくつか特徴が変わってきますのでその点は考えておきましょう。
今から必要としているおすすめおまとめローンが最初で最後、今後の借り入れは考えていないというのであれば気にする必要はないでしょう。
しかし、もしかすれば今後も何かしらのピンチがあるときには活用するかもしれないとなれば事情は変わってきます。
今回限りの無利息サービスで決定するのではなく、その後はどんなサービスがあるのかも考えなくてはなりません。
現在キャッシング業界にある無利息期間アリの業者はすべて金利は18.0%になっています。
これから先も借り入れをする機会があるというのであれば無利息期間よりも重視しなければならないことがでてきます。
またむしろ低金利の銀行を選択した方がよいこともあるでしょう。
無利息サービスは有効に使えることができれば最高のキャッシングになります。
しかしその後の利用に関してどのように変わるのかによって考えなくてはなりません。
つまり無利息サービスが向いている方はこんな方です。
「1か月以内に完済ができ、その後の継続した利用を考えていない方」

タグ:

 
コメントは受け付けていません。

家族にばれないように注意したいキャッシングなら

Posted by 管理人 on 9月 1, 2014 in キャッシング

全ての学生が親や同居している家族にキャッシングをすること、していることを伝えているとは限りません。
むしろばれないように注意している学生の方が多いのではないでしょうか。
ばれないキャッシングをするときには、借り入れ先というよりも申し込み、契約方法に注意しなくてはなりません。
逆になぜばれるのかを考えてみましょう。
体験談を考えてもよく耳にするのは自宅への郵送物、自宅あての電話、これによってばれることが出てきています。
それでは自宅に郵送物や電話が来るのはどのようなときでしょうか。
契約をすると契約書の取り交わしがあります。
そして利用をするためにはカードが必要です。
今は学生ローン申し込みが消費者金融でも銀行でも一般的となっており、特に学生にとっては使いやすい申し込み方法となるでしょう。
ところがインターネット申し込みではカードや契約書を受け取る方法がありません。
それではどのようにして手にするのか、自宅への郵送です。
申込書に記載した住所に充てた郵送です。
一人暮らしであれば郵送されたところで心配はないかもしれませんが、家族と同居しているときには自宅への郵送物が気になるでしょう。
また電話がどのようなときにあり得るのかも心配になるはずです。
返済に遅れたときには金融業者からの連絡があります。
基本は携帯電話になりますが、もしその携帯電話の番号に変更がありつながらなかった場合、もしくは携帯電話に出ることができなかった場合、固定電話への連絡となります。

タグ:

 
コメントは受け付けていません。

個人事業主が即日融資を利用する

Posted by 管理人 on 8月 29, 2014 in 消費者金融

個人事業主は年収がわかりづらいので一般的に融資を受けることがむつかしいと言われていますが、キャッシングには「事業主専用ローン」といった個人事業主を対象にした商品が有るのでそれを利用するのも選択肢のひとつといえます。
通常、個人事業主が事業資金などの融資を申込むのは、公的機関として日本政策金融公庫を申込むことが多く、新規事業者にも積極的に融資をおこなっています。
また信用金庫や商工組合などでも、事業主に対しての融資を優遇しているところもあり、そういうところに申込めば融資が受けられる可能性も高いですが、納税証明書や事業計画書などの提出書類もおおく、審査に時間がかかり、融資を受けるまでに1カ月以上必要になります。
融資が受けられたとしても借入金の返済のみになり、追加融資が必要になったときは再度書類をそろえて申込から始めなくてはなりません。
そんなとき利用できるのが消費者金融のキャッシングや銀行カードローンで、事業主ローンといった商品があり、金利は一般のフリーロンよりも低金利で最大融資額が1,000万円までといった高額融資も可能で、利用用途は制限がなく、一度契約すれば融資限度額の範囲内であれば何度でも借入れができます。
また即日融資にも対応しているところもあるので、予定していた資金回収が遅れるときでも支払いまでには余裕を持って融資を受けることができる商品です。
申込方法はインターネットを使って簡単に即日融資申し込みができるので、急な出費に備えて申込をしておくこともひとつの方法ではないでしょうか。

タグ:

 
コメントは受け付けていません。

消費者金融の大手とは

Posted by 管理人 on 8月 4, 2014 in お金

消費者金融を企業の呼び方をあてはめたとき、大手消費者金融、中小消費者金融、零細消費者金融にわけられます。
消費者金融の大手と呼ばれるキャッシング会社は貸金業法の改正によって改正前と改正後で変わり、総量規制改正前は「アコム」「プロミス」「レイク」「武富士」三洋信販」「アイフル」が大手6社と呼ばれていて、6社が中心となり、消費者金融連絡会をたちあげ消費者金融業界をけん引していくことになります。
当時のテレビCMは消費者金融の利用を促す内容でしたが、日弁連から意見書が出され、放送時間帯や放送内容の変更を余儀なくされることになっていき、連絡会は過払い金返還訴訟や悪質な取り立てが表面化したころから消費者の無計画な消費者金融の利用を啓発するテレビCMを流すようになりました。

その後消費者を守るといったことから貸金業法が改正で金利の上限がきめられたため、それまで基準をこえる高い金利で融資をしていた会社はグレーゾン返還訴訟などを受けたり、総量規制で融資限度額が決められたことから急激に資本体力が落ちていき、経営が成り立たなくなり倒産する会社もでてきたことから現在大手消費者金融として残っているのはアコム、プロミス、アイフルの3社になりました。

消費者金融の大手も会社を存続させるため大手銀行と提携したり「レイク」のようにシステムやノウハウ、従業員すべてを新生銀行に継承し、現在銀行カードローンとして存続するなど、貸金業法の改正を境に大きく変化しています。

 
コメントは受け付けていません。

誰にもばれずにカードでキャッシングする

Posted by 管理人 on 7月 1, 2014 in ローン

カードでキャッシング、便利という反面誰かに所得証明不要キャッシングしていると分かったらちょっと嫌だな、と思いませんか。お財布にキャッシングカードを入れていて、何か他の支払いの時に誰かに見つかるかもしれません。また、コンビニATMならカード自体を誰かに見られなければ分かりませんが、消費者金融が直営しているATMにはやはり入りにくいと思ってしまいます。

いずれも申し込み前に少し気を付けておくだけで、解決できる問題です。まず、どのようなカードを発行しているのかということで借入先を決めるのが一つの方法です。銀行カードローンならキャッシュカードにローンカード機能も付けることができるものもあります。これなら、銀行ATMで銀行のキャッシュカードで借り入れできます。明細などまでチェックされなければ、簡単に分かるものではありません。

また、アコムのACマスターカードを利用するのもおすすめです。ACマスターカードにはアコムのロゴは一切入っておらず、マスターカードのロゴとマークのみなのです。クレジットカードを持っているだけとカードを見た方は思うでしょう。コンビニATMでキャッシングすれば、こちらも誰にも分かりませんね。アコムマスターカードは他のクレジットカードのように自宅にキャッシングの明細が後日送られてくるということがないようにできます。

また、ネットで振込みキャッシングを利用してしまうのもよいでしょう。自分の銀行口座に借り入れするお金が振り込まれるわけですから、こちらもキャッシュカードで引き出せばよいのです。

© 24時間利用可能な消費者金融とは